お祝い部では還暦祝い・結婚祝い・卒業祝い・退職祝いなどお祝いに関するルールや豆知識を掲載

お祝い部

お祝い部では還暦祝い・結婚祝い・卒業祝い・退職祝いなどの祝い方をご紹介いたします。

お祝いについて

お祝い部では還暦祝い・結婚祝い・卒業祝い・退職祝いなどに関するルールや豆知識などを掲載しています。みなさんが知っているようで意外と知らないお祝いのルール・・大切な人のお祝い事は失礼のないようにして思い出に残る行事にしたいですよね。その為にはお祝いに関する正しい知識と勉強が必要です。還暦祝いの意味合いは時代とともに変わってきていることをご存知でしたか?昔の還暦祝いはどちらかといえば、家族の繁栄(家系の繁栄)を祝う意味が強かったのです。家長である男性が60歳を迎えたら家督を譲る(引退する)のが決まりだったので、世代交代したその家が繁栄するようにとお祝いをしていました。日本人の平均寿命が50歳の時代に60歳まで長生きすることはとても珍しく、おめでたいことでした。結婚祝いについては、もちろんめでたく結婚した2人に祝福の意味を持って贈ります。結婚する方が親しい間柄でも礼節やしきたりは昔から存在していますので、失礼のないようにしたいですよね。お祝い金についてはなるべく折り目や汚れが無い新札を使用しましょう。金額は割り切れる偶数の数字と4・6・9を避け、縁起の良い奇数(陽の数字)を使用するようにしましょう。おすすめの数字は3・5・8です。8は偶数ですが、末広がりの意味があり、縁起が良い数字です。また、中に入れるお札の枚数も奇数になるように気を付けましょう。結婚式の当日にお祝い金を持参する場合は「本日はおめでとうございます」という挨拶をしてから封筒の下の方を相手に向けて差しだします。卒業祝いについては、色んなケースがあります。卒業する生徒に渡す内容や卒業する生徒からお世話になった先生や先輩に贈る場合、親戚や知人の方のお子さんが卒業する際に贈る場合など。卒業する生徒に渡す場合は卒業記念品という意味で、数十個から数百個単位で大量に渡す内容になることもあります。また、高校や大学を卒業して就職をする場合は就職祝いとして渡すこともあります。進路が決まっていない場合は卒業祝いとして渡します。退職祝いは長年会社の為、家族の為に頑張ってきた方へのねぎらいと感謝の気持ちをもってお祝いしましょう。家族で祝う場合と職場で祝う場合とケースは様々ですが、仕事が終わって生きがいを無くさないように趣味のものを贈る方が多いです。

■人気急上昇中のお祝い販売店

お世話になった方へ心のこもった退職祝いのプレゼントをしてみませんか?焼酎サーバー・カップ・湯呑など世界にひとつだけの名入れ・文字入れオリジナルギフトも豊富。
退職祝い プレゼント・贈り物のe退職祝い.net

還暦祝い・古希祝い・喜寿祝い・傘寿祝い・米寿祝い・卒寿祝い・白寿祝いなど長寿のお祝いならプレゼントお祝い.netにお任せ!商品数1000点以上のプレゼント専門サイト
プレゼント


お祝い部使用の画像や文章を無断で転用することを禁じます。
お祝いに関するお問い合わせはこちらまで
 
Copyright (C) 2011 All Rights Reserve